カテゴリー別アーカイブ: 患者さんの疑問

ドライマウスについて

最近 新聞やTV マスコミでもドライマウスについて多く取り上げられるようになってきた。私自身も ドライマウス学会員ですが、今週日曜日にドライマウス研究会の講習会があったので参加してきました。
 ドライマウスとは口腔乾燥症と日本名でいいます。一般的な症状としては口が渇き話にくい、舌が痛い 喉が渇く、入れ歯などを使用してる方は入れ歯が落ちやすい、すれて痛いなど多義にわたる症状を訴えます。これらの原因としては幾つかあります。
1 唾液腺の障害の為に 唾液の分泌が減少するもの。
2 心因性のため唾液の分泌が減少するもの。
3 薬物性の為に唾液に小分泌が減少するもの。
4 生理的に唾液が減収するもの。
大まかに上の4項目が考えられます。
1 については唾液腺炎 雑菌や ウイルスによって唾液腺に障害がでるもので。唾液腺の炎症により機能低下が生じて唾液の分泌が減り口の中が乾くもので 、このほか唾石症と言って唾液の出口が 石灰化物で封鎖され唾液が出にくくなることもあります。
唾液腺の障害で最もやっかいな口腔乾燥症は自己免疫疾患のシューグレン症候群で、唾液ばかりでなく涙の分泌も障害されるために患者さんは目の痛みでとても辛い状態になります。全身的には 外分泌線の障害 リウマチ症状を呈する特徴的な疾患です。
2 についてはストレスや鬱症状などによる口の渇きを訴えます。実際は唾液の分泌を計測すると著しく減少して無くても口や のどの渇きを主訴とする患者さんもいます。糖尿病の患者さんも口の渇きを打ってる方も多いようです。
3 薬物服用患者さんの多く見られる口腔乾燥症です。高血圧の治療薬や消火器系の治療薬 腰痛や膝関節の治療薬でも口腔乾燥症は見られます、一般的に 副交感神経阻害成分を持った薬による 唾液の分泌障害が多いようです。
4 生理的な原因によるものとは年をとると誰での唾液の減少が見られます。多くの方は問題はないと考えますが 総義歯などの装着してる方は吸着しにくいなどを訴える方も多いかと存じます。
以上ドライマウスについて説明させていただ来ました。現在ドライマウスの患者さんは300万人程度いると学会でも報告されています。その症状は個人差もあると思いますが 以前は患者さんが口の中が乾いたと言った訴えも 病的な要因とは考えられませんでしが 現在では一つの疾患とした捕らえ方をして症状の改善を図る様々な対応を行なうようになりました。
次回はドライマウスの対応の説明をいたします。

患者さんからの質問  ホワイトニングって?

 インターネットを通じたり、来院される患者さんからの 質問の応えるコナーを開設しました。継続的に質問等を回答していきたいと思います。多くある質問の中で今日は審美的な処置の一つについてお答えします。
質問 前歯を白くしたいのですがホワイトニングについて方法 費用を教えてください。
歯を白くしたいと言われる患者さんはとても多いように思います。こんかいは数ある審美治療の中でホワイトニングについてお話したいと思います。
まずは肝心な費用について。通常のホワイトニングは 自費診療ですので保険は使えません。当院では片顎30,000円です。方法は後で開設します。保険は使えませんと言いましたが、特別な症例は対応可能です。この場合は歯の神経を取った後で ご自信の歯が変色してきた場合 保険範囲内で変色を除去する方法があります。被せ物をしたり 多くの詰め物がされてると適用ではありません。
次に通常のホワイトニングの方法です。マウスピースを使用し、ご自信で歯を白くする薬をマウスピースの中に入れて行なうのが ホームホワイトニングと言います。当院で推奨してます。
もう一つは 診療室で行なう方法、オフィースホワイトニング。これは歯医院で 歯に薬剤を塗り 特殊な光を当てて歯を白くする方法で、おおよそ一回に20分程度 数回繰り返します。双方とも効果はありますが、一般的に 直ぐに白くしたいならオフィースホワイト、時間をかけてゆっくり白くするのがホームホワイトと考えてください。ともに費用は 各院で差があると思います。
ホワイトニングのメリットはと言いますと。健康で美しい歯は患者さんの自信にもつながります、周囲の方にも好印象を与えるものと思います。
デメリットは? 治療中ですは 薬の作用でしみたり 痛みを感じることがあります。これは治療を中断すれば解消します。まれに治療中に色素の強い食べ物 カレーやワインなどを取ると 逆に色がつくこともあります。ホワイトニング前には虫歯の治療や歯周治療は行なってください。歯の質を弱めたりすることはありません。
期間は通常ホームで2ないし3週間 オフィースで3ないし4回の通院で効果があると思います。また効果の持続ですが 1年に一回行なったほうがいいかと思います。要するにホワイトニングは歯の中の色素を除去することで歯を明るくすることで、時間が経過することで色素の取り込みもおきて来るのです。
再度ホワイトニングを行なうことをタッチアップと言いいます。
ホワイトニングの管理については1年に一度のタッチアップと歯に色素が取り込みにくいような フッ素配合の歯にがきの使用、定期的ニ歯科医院でのPMTCなどは必要かと思います。
今回の患者さんからの質問コーナーではホワイトニングについて解説 私見を書きました。今後インプラントと入れ歯の比較 虫歯治療の方法、矯正についてなど患者さんからの声に応えたいと思います。
村田歯科院 院長