カテゴリー別アーカイブ: インプラント関連

適材適所なインプラントの選択

現在、臨床に使用されているインプラントは多数の種類があります。インプラントの選択は、基本的には使い易い、治療結果が良好なもの,信頼出来る会社のものなどを選択します。しかし、一度導入すると、もっと使いかって良いインプラントがあってもなかなか他社のインプラントを使用することが出来なかったののです。しかし今日では何処のインプラントメーカーでも良好な結果を得られるものがほとんどになりました。しかし同じ様な形をしたインプラントでも各社のインプラントではそのメーカーの考え方により設計のコンセプトが異なります。1回の手術に重きを置いた製品や2回の手術を推奨する製品、または骨の性質によって使いやすい製品、手術後短期間で機能させることが出来る製品など、手術手技や患者さんの要望や個々の骨の形や性質によっても、適応となるインプラントは、どの会社のインプラントも同じではありません。私も 同一会社のインプラントを長い間使ってきました、もちろん結果は良好ですが、個々の患者さんの状態に合わせた手術を行なうことを考えると、どうしても数社の性状の異なったインプラントが必要になります。特に
前歯部では特にその傾向が強いようです。またオペ後速やかに機能させるには、特にインプラントの形態に左右されることも多いと考えます。現在当院では通常の一回のオペで対応できる処置に関してはストローマンインプラント(スイス製),骨の弱い上顎や審美部位にはリプレイスインプラント(スウェーデン製),また即時負荷をかけたり骨の狭窄したケースにはブローネンマルクインプラント(スウェーデン製)にて対応しています。確かに手術の器具やパーツは煩雑ですが。このインプラントの使い分けで、従来ならインプラント手術が不可能な症例や大きな骨造成の為の手術も回避できるようになりました。使用インプラントは全て、全世界で用いられてる、主要インプラントであり、大変信頼の高い 安全な製品です。もちろんインプラントの選択も重要ですが、それをたくみに使いこなす手技が最も重要であることがインプラントの成功につながる事と確信いたします。

出張インプラントオペ

 先週の土曜日は午後3時の診療終了後知人の歯科院へ、インプラント手術のお手伝いに行きました。
この先生は私の先輩で、一般歯科では経験豊富な先生なのですが、インプラント治療を導入して間もない為、手術のお手伝いに行きました。私も、インプラント治療を始めたころには、ベテランの先生に指導、お手伝いしていただき、大変心強く感じたものでした。特にインプラント治療の結果を左右するものは、手術をいかに間違いなく行なうことが重要です。もし此処で、失敗したら 患者さんも大変な思いをするでしょうし、行なった先生も、二度とインプラント手術を行なわなくなることと思います。ですから最初は絶対に成功するような 術式とインプラント装置の選択をしなくてはならないのです。今回の場合も術前のCT画像の準備、前日の手術シュミレーションを行ないました。このケースは インプラントを導入し始めのケースとしては、難易度の高いものでしたが。これが難しいのか否かもはじめたころはは判定が難しいのです。
CT画像では、インプラントを埋入する為の骨量はあるようですが、いざ手術となると、全く次元の異なることも多いのです。特に我々の処置は 真っ白な画用紙の上に自由に絵を書くようなものですから、その描き方によっては全く思った結果と異なるものになってしまうこともあります。また口の中は、狭く、処置を行なうことが難しい場所も多くあります。患者さんの口の開け方も、大きく開けない方もいます。舌が邪魔する方もいます。このような場所にインプラントを入れる穴を掘るわけですが、細い骨、硬い骨、中には骨の中に空洞のあるもの、様々ことに遭遇します。特に顎の中には神経や血管の密な部分もありますので、とても注意が必要です。歯科医なら通常判ってることですが、経験が少ない、いざというときに、余裕がなくなり 頭の中がパニックになることもあります。私も最初のころは、そんな経験もしたことを覚えてます。
だから最初の手術は 絶対に失敗しないことが肝要です。その結果が良くなくては次の手術も行なわないと 経験も詰めません、上手にもなれません。今回の手術は 難しいケースでしたが とてもうまくいきました。担当の先生も安心され、患者さんに手術の結果報告をしました。共に大変喜んでいました。微弱ながら、お手伝いできたことを私自身、喜んでいます。今は インプラント治療も成熟した時期と思いますが、どんな良好なシステムを使用したとしても、所詮、行なうのは人間です、失敗はないとは断言できません、無論私もその一人です。ですから、研修をしてより安全処置方法、システムを探さなくてはならないと思います。多くの学会に 最近はとても若いし先生方が多く見えてます、勉強することは大変良いことと思います、しかしその反面あまり経験のない方が、メーカー営業マンの勧めるままにインプラント治療を行い過ぎる傾向にも少し疑問を感じることは私だけなのでしょうか。これからインプラント治療を導入される先生、また経験の少ない先生は是非、ベテランの先生と一緒に処置を行なうことをお勧めいたします。

先生、こんなもの入れられない!

 先日インプラント治療によってかみ合わせの機能回復を行なった50代、男性の患者さんの、半年前の訴えでした。
この方は 半年前に歯周病で上顎のブリッジと下の歯を、合計5本抜きました。ブリッジはできない為、まずは費用をかけないようにと保険で入れ歯を作り、使っていただくことにしました。義歯を装着していただいた日に、まず使用してみてくださいと患者さん告げ、その日は帰宅していただきました。次回の予約日に来院されたときに患者さんは不機嫌な顔をしてました。いかがでしたかと尋ねると、「気持ちが悪くて 口の中に入れられない。」とのことでした、義歯については ご自信のなれも必要とのこと、当たりの調整も必要とのことを説明し理解していただきました。その後数ヶ月後に再度来院されました。「義歯の調子はいかがですか」と尋ねると全く使ってないとのことでした。患者さんは他に何か良い方法がないかとのことでしたので 今までのようにブリッジの設計は前後の歯がない為不可能とお話しました。インプラントのついては、説明しましたが、患者さん自身がそこまでの治療を求めなかった為(口腔衛生に関心がない事)と抜歯直後の為に選択からはずしました。しかし 今回の来院でインプラントで出来ないかとの申し出もあり、レントゲンを撮影し検討しました。検討の結果 難しい手術でしたが上下に5本のインプラント処置し、現在はご自身の歯が再生したかのように満足されているようです。患者さんの治療を行ってると、この方の歯科に関する興味がでてきたのか、非常にブラッシングも良くなり、環境の良い状態が出来るようになりました。インプラント部のみならず、保険の冠も良いものに変えてほしいということになり、とても綺麗な口元になりました。当然咬み合わせの機能回復も出来 歯周病で何年も好きなものが食べられなかった事から、これから何でも食べてみたいと張り切っておりました。失礼なことかと思いますが、性格も大変明るくなったようです。以前は 不機嫌な顔をして診療室に来れましたが今はニコニコされて来院されます。
この患者さんの最後の治療で奥歯の冠のやり返しを予定してました。取り外したら 虫歯と歯周病の進行で保存が難しい状態でした、患者さんにはとりあえず残しましょうかと伝えると「先生、インプラントで出来ない?」といわれました。ちょっと驚きでした。患者さんからインプラント処置を積極的に言われないのですが、この方は今までの結果に満足され、完璧な状態を望む結果なのかと思います。人って変われば変わるのだなと思いました。私はこの方に最初にインプラントしなくてよかったと思ってます。なぜなら 最初にインプラントを受け入れられたとしても、あまり口腔環境の衛生意識のない状態ならこのインプラントも他の歯と同様に歯周病状態になって 短命になったと想像します。今、この方は毎日の食生活や歯を磨くことも楽しみなようです、口腔環境もとても良い状態です。歯周病も進行が止まり良い状態です。私も患者さんの期待に応えるために最後のインプラント治療を行うこととしました。
 歯医者の仕事は口の中の状態を良くする事が目的ですが、この患者さんののように人生観までも変わって 明るくなっていただいたことも医者冥利につきることだと思います。

その日から咬めるインプラント治療

近年のインプラント治療ではインプラントを植立した日から咬めるようにする方法も出現してきました。これには幾つかの条件が必要です。基本的に無歯顎のかたが対象となります。上顎、または下顎に全く歯がない状態の方に、インプラントを4本ないし6本、8本植立をして、一時的に既存の義歯を加工し、その日から固定性の義歯にするものです。ここで全く歯の無い方と言っても、歯周病やひどい虫歯の方は手術の当日または事前に抜歯し、仮義歯を制作、使用していただきます。そしてその義歯を利用して手術後直後に固定性の義歯を患者様に装着しますので。患者様はその日から 固定された歯で食事や会話が出来るようになります。最近では4本のインプラントを使用して片顎12歯を支える方法も登場し、臨床で応用されております。この方法はオールオンー4という方法です。このコンセプトに対応するには インプラントの植率時にしっかりとした固定が得られることが条件です。一般のインプラントより少し長いものが使用できることが条件です。この方法をの利点は その日から固定式の義歯で咬むことが出来る。インプラントが少ない為費用を抑えることができるなどの利点があります。
長年不適合な義歯や高度な歯の崩壊している患者様には処置した日から、自由に会話や食事が出来ることは大きな喜びと考えます。3_0_main_image.jpg
この方法の処置費用は最終的な固定性義歯の制作費を入れて。
上顎 180万円 下顎 180万円  上下顎 340万円となります。
処置の前には十分な診査を行ないます。