感染症対策で安心安全な歯科治療

新型コロナウイルスの感染から1年が過ぎました 2度目の緊急事態も発令され まだまだ収束には時間がかかりそうです 当院では従来から歯科に手感染予防対策の為に様々な対策をとってました 新型コロナ感染症の話が始まる以前より 歯科は感染症対策のオピニオンリーダー的な役割をしてきたと思います その一つに 歯科特有の歯牙の切削による飛沫の拡散があります 対策としては歯牙の切削時に口腔外バキュームの設置 医療従事者のマスクや防護眼鏡の使用 頻回の手指の消毒 グローブの使用などがあげられます 器具機材に関して当医院では 国内最高のクラスBによる陰圧吸引滅菌器の使用により使用器具の徹底した滅菌消毒をおこなってきました そのことによって 新型コロナ感染症が始まっても 特に消毒や滅菌に対する診療行為について特に変わることはありませんでしたが 診療室の機材や室内の環境改善には新たな取り組みも必要となりました 現在ではとくに室内空気の換気の問題や室内空気の汚染に対して注意をしなくてはなりませんこの対応として完全予約制で待合室の密を避けること 室内空気の汚染対策ではエアードックの導入をいたしましたウィルスまでも99パーセント除去できるエアークリーナーです 勿論花粉程度の粒子は簡単に除去できます 来院患者さんの口腔うがいもお願いしています 外部からウィルスを持ち込まないそして患者さんにも感染させない取り組みの継続がとても重要だと考えてます

エアードックの機能についてはHPで https://airdogjapan.com/

この感染症はまだまだ収束には時間がかかりそうです医院から感染者やクラスターを出さないそんな決意で毎日の診療を行っております 皆様も可能な限り自己感染に心がけてください

                        院長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です