これって何だろう?

ここ最近 お口の中の違和感 口軟炎や舌がひりひりするなど症状を訴えて来院される患者さんが増えてます マスコミでも取り上げられたタレントさんの舌癌の報道もその一つとなってるように思えます 皆さまがお口の中に興味を持ってもらえることは大変良いことだと思いますが あまり心配すぎるのも如何と思います 舌癌は 胃癌や肺癌、大腸癌などに比べるとそれほど発生頻度は多くはありません しかしどの癌も初期は、ほぼ無症状で進行するので 痛みや違和感を感じたときには病態の進行があることもいがめませんので注意が必要です よく言われることですが 多くの口軟炎は ビタミン不足や ストレスに寄って生じる場合がほとんですが 舌にできる口軟炎は歯の鋭利な部分の接触や誤って噛んだ場合も生じますその様なことが繰り返し行われるとその擦過部から悪性の潰瘍が生じ舌癌になるとも報告されています 大概の場合は1ないし2週間程度で消失しますが 2週間以上長期に及ぶ場合は歯科への受診をお勧めします

先日は 舌の下方に違和感の訴える患者さんが来院されました 出来物のようなものがあるということでしたが 粘膜など異常な所見はありま線でした 触診 視診で確認できないので 通常のパノラマレントゲンで撮影してもが顎骨に阻まれて 判定で来ませんので3次元レントゲンCTによって幹部を撮影しました 予想のような結果で唾石が大きく写っていました 直径3mm程度の唾石が唾液の通路をふさいでいる状態が判断できました 患者さんは口腔癌を心配してましたが 画像の説明に寄って安心されたようです

まだまだ口の中にできる病変はたくさんありますが もしもご自身の口の中で何だろうこれって思うことが遠慮なく受診してご心配を解消してください 多くの場合は心配することないことがほとんどですがまれに精査藻必要とすることもあります 不要なご心配よりもまずは診査してもらうことをお勧めいたします

院長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です