処置するまえに

 お久しぶりです 院長村田です。今日は抜歯についてお話します。
先日の紹介で来た患者さんのこと、この患者さんは5年前に近医の歯科院で親知らずを抜くのに10時間かかり、そのご体調不良を訴え入院され そのごから歯科治療が怖くなり、歯医者に来れなくなったとの事でした。患者さんは現在も血圧が高く、胃潰瘍もあり、薬が離せないとのことでした。現在調子が悪いのは、この抜歯したことが原因と考えてるようです。抜歯に10時間とは長すぎます。麻酔の量も相当だったと思いますし、ストレスも相当あったと思います。おそらく 骨内の完全埋状歯の抜歯かと推測しますが、本当のところはわかりませが、難しい症例だったと思います。
 歯科の外科の基本は抜歯にあると思います、簡単な抜歯の様であっても、思ったより難易度が高いものもあります、経験をつむ事によって事前に予測も立つものですが、最終的にはレントゲンによる画像診断能力と術者の技術に判断される事となります。
私も最長2時間程度の抜歯に時間を費やした経験もありましたが、今では長くても30から40分でどのような症例も行っています。長時間の処置は患者さんにも大きなストレスを与えますので、処置時間は短時間でおこうなう事が肝要です。
 またこの患者さんのように 術後一時的な高血圧症や胃潰瘍の発言はストレスによってはあるかも知れませんが 数年後まで持続する事はありえないと思います、おそらく年齢から察して50代後半のために成人病の発症があったのかもしれません。誰しもが何かの原因で身体的な症状を発言したと考えたくなるものですが、加齢的変調も自然なものかもしれないと考えます。それを病気と捕らえるか否かは医学的にも難しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です