インプラント 術前の手術計画

matuo%20minoru%20mandibura.jpg2.jpg
こんにちわ院長村田です 
この画像は インプラント手術予定の患者さんのCT画像です 骨の断面を見て使用するインプラントの適切な長さ幅 位置を検討しています。この方の骨は十分な大きさを持っていますので設計インプラントよりもっと長く太いものも可能かと判断も出来ますが 私の設計ではこの長さ 太さで位置で十分だと考えます。大きなものを使用すればそれに伴う骨の削除も多くなり残存組織の欠如は血液供給も不足します 当然骨も生きてるわけですからインプラント周囲の骨の保全はとても大切なことです。それと上の歯に対する位置 咬合力をインプラントに無理なく伝えるにはかみ合わせの位置がとても肝要です。術前にインプラント手術のシュミレーションをすることで安全な手術が約束されます。勿論手術時間の短縮も可能となります。この症例のオペ時間は15分でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です