月別アーカイブ: 2010年7月

インプラント治療のゴール 臼歯偏

DSC_0251.JPG
写真は右上にインプラント処置をした患者さんです。奥歯のインプラントは歯を入れれば良いという考えが強く審美的な要素はあまり考えない治療も多くみられます。しかしどうでしょうか高額なインプラント治療するなら 失ったご自身の歯と同じような状態を取り戻したいと考えるのではないでしょうか。村田歯科医院が提供するインプラント治療は天然歯の再現です。
 多く歯科医院でインプラント治療を行っています。その処置による結果も様々です、インプラント治療を考えてる患者様は治療費ばかりに左右されないでください、高額な治療費ですから費用対効果を考えてみてください。
上の写真のこの部分がインプラントです。
DSC_0246.JPG

インプラント治療のゴール 前歯偏

DSC_0124.JPG
この写真は 前歯中切歯にインプラント治療を行って数年後の写真です。
専門家の方なら何処がインプラントで 何処の歯をセラミックで被せたのかは判断できると思います。多くのインプラント治療の経年変化は歯肉がやせてきてご自信の歯より長く見えてくる事があります。そうなっても痛みや腫れなど自覚症状はでないかもしれませんが、インプラント治療としては失敗といわざるをえません。近年 歯をなくしたら第一選択はインプラントというような風潮はいかがなものかと思います。インプラント治療を長くやってると私自身の治療結果が必ずしも満足のいかない状態にもなってきます。患者様は困ってないのですが 専門家の目でみると 将来が気になるケースも出てきます。これはお私だけの問題では無く インプラント治療が持っている 潜在的な要因かもしれません。本当はまだインプラント治療は完成されてないようにも思います。現在はインプラント治療の成功や失敗について多くの論文が検討がされてきました。条件が良い症例は本当に患者様の健康や生活に寄与できると思います。難しいケースは予後も心配です。先日も博多まで学会参加してきました 今回は所属学会と別の学会でした素晴らしい症例や研究が発表されていました、勉強にもなりました。このような場所に参加し研修する事が正しい認識を持ち続け、適切な治療を行える大事な要素になると改めて思うのです。