患者さんが知りたい インプラント治療 QandA

患者さんからいただいたインプラント治療についての質問をご紹介いたします。
Q インプラントってどのようなものですか?A 歯がなくなった部分に人工的な歯根になるものを作ることを言います。材質は、チタンと言う金属で、
体に最も優しい金属です。
Q 骨を削る手術は痛くないのですか?A 通常の麻酔で十分効果がありますので、手術中は全く痛くありませんので心配しないでください。
手術と言っても簡単なインプラント手術1本から2本程度は親知らずを抜くより簡単です。
Q 手術後は腫れや痛みまた安静が必要ですか?A もちろんあまり過激な運動は控えていただきたいですが、会社を休んだり、家事が出来ないような事等ありません。大きな手術の場合、腫れや、痛みが残ることもありますので、休養がてら2~3日体を休めたほうが良いかと思います。痛みや 腫れは手術の大きさや 個人差によるものが大きいように思います。しかし術後にお出しする痛み止めで十分対応できます。
Q インプラントをするには年齢制限はありますか?A 基本的にはおいくつになっても可能と思います。しかしお年を召され、日常に生活に問題があるよう な方や 心臓疾患、内臓疾患の重篤な方はまずそちらの治療後に検討すべきと思います。
Q 骨のやせてる方は出来ませんか?A 現在はかなり シビアーな症例も様々な手法で可能になったと思います。しかし中にはあまりにも骨の状態の悪い人はインプラント以外他の方法も検討します。
Q インプラントは何年持ちますか?A 一般論から言えば10年以上からもっとそれ以上持つともいます。現在では20年以上の症例も多く 見かけるようになりました。しかし患者さん一人、一人口の中の状態は様々です。インプラント治療方法も異なります。口腔ケアーの違いもあります。一概に何年持つとは判定できませんが、お互い協力して10年以上は長持ちさせたいと思います。
Q 手術してから何ヶ月くらいで咬めるようになりますか?A 以前では6ヶ月まってから咬めるようにしてましたが 最近では手術後2ヶ月程度で冠を被せ咬めるようにしています。今日では抜歯後直ぐにインプラントを入れ咬めると言う論文や先生もいるようですが、多くに諸問題も隠れてるようです。治療期間中は多少患者さんにも 不都合を与えますが確実な方法を選択すべきと思います。無理をして、せっかく処置したインプラントが機能しなくなっては全く意味がありません。確実な方法を選択すべきです。
Q 治療費に各医院差があるようですがどうしてですか?A インプラント治療は自費診療です。よってその先生が各自で決定してかまわないのです。その決定 要件には、使用するインプラントの単価も違い、その先生の技術も違います。一概に 安い高いは決められません。全ては技術料金です、被せ物も技術の良い技工士さんが作れば高価になります。
私の知る限りでは1本 インプラントをして咬めるようになるまで30万から70万円と大きな開きがあります。金額については担当医と相談してください。
  
このような質問をお持ちの方が多いのではないでしょうか。インプラント治療は高額な治療ですので、納得の上治療をお受けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です