インプラント治療をビジュアル化にして説明いたします。

 患者様のCTレントゲン画像から3次元的に画像処理を施し、術前の診断や治療方法を患者様にも理解しやすく ビジュアル化して説明いたします。 この画像処理は高度な画像診断ソフトえをPCにより、インプラント手術を3次元的に審査診断出来るものです。またこの画像処置を利用した サージカルガイドにより、従来では考えられなかった、手術も可能となりました。すなわち歯肉を切開しないで、適切な場所にインプラントを埋め込むことができる為、術後の痛みや、腫れなどが全く無い、処置ができるようになりました、当然術中の出血もほとんど無いために、通常の手術が困難な患者様にも対応できるかと考えます。更に術前の手術、シュミレーションはより安全な手術方法を選択することができ、患者様にも安心して処置を受けることが出来る事となり、手術の不安なども解消されること思います。
この画像処理システムはノーベルガイドと言います。私はこのシステムに大いに期待してます。そして患者さんとっても、最も効果的で安全ななインプラント治療を提供できると考えてます。

インプラント治療をビジュアル化にして説明いたします。」への2件のフィードバック

  1. 木村洋子

    村田先生のインプラントの道の追求の早さ、的確な選択にはいつも感服しております。NobelGuideは患者さんの立場に立った治療で、アメリカでは今一番注目されている治療法です。先生の患者さんはお幸せですね。

    返信
  2. 村田功

    ノーベルガイドの第一人者の木村先生からお褒めいただくとは感謝いたします。先生と幾度と、インプラントシュミレーションシステムでお話いただき、その必要性を強く感じました。このシステムは、誰でも簡単にインプラント治療が出来る様になるソフトでは無いように思います。多くの臨床経験された先生方が活用して、その真価が発揮できるものだと思います。木村先生の多くの症例を拝見させていただき、改めて感じました。木村先生もインプラントのスペシャリストならではの選択だったと思います。私もこのシステムを有効に利用して、確実で安全な治療を患者さんに提供しようと考えてます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です